« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

紅山桜ほか

今年の桜はここも例年より一週間あまり早く推移してます。植えた桜の木が年々大きくなるのは嬉しいですが、どれが何の桜だったか分からなくなってしまいました。河津桜か陽光かといったところですが、八重桜の名前を忘れたという植えた本人共々、物忘れが多くなって先が思いやられてます。

変わり躑躅

気温の急上昇で桜の開花がここでも例年より十日ほど早くなりました。市街地ではもう桜は終盤で山吹や新緑に代わっていました。我が家も一斉にいろいろ咲きだして焦るばかりです。

カモシカの春の食事

バンビでお馴染みのニホンジカの母鹿は警戒心が強かったけれど、カモシカは平然としています。鹿とカモシカではスタイルも、だいぶ異なります。花はアカヤシオツツジです。

Spring has come2018

先ず冬桜が咲きだしアカヤシオツツジが色づくと今年の春が始まったと思える我が家です。群馬の鬼石で見みた冬桜と栃木の山々で見られるアカヤシオツツジの魅力に憑りつかれて植樹した20本ほどの冬桜と、アカヤシオ6本余り。花の山を目指して苦節20年。遠き道はどこまでも続きます。

日本の春・桜2

私にとって春をもっとも意識できる風景ですが、後二週間はかかりそうですから全て過去の映像で編集しました。特に鯉のぼりが泳ぐ橋の土手の桜並木は堤防強化のために全て伐採されて今は在りません。工事が済んだ地域には、すでに新たな桜の植樹が10m間隔で始まりましたが成長の早い桜とはいえ、この景が戻るのはいつになることか・・・。

日本の春・桜1

映像は昨年4月20日前後のもので、我が家の花木と奥州市水沢競馬場を中心に編集しました。冬桜や大島桜など植樹して20年近く。冬桜の咲き始めは白梅のような感じで今まさにそんな状態です。馬は大好きですが昨年の特別開放日に初めて競馬場に入りました。

早春の我が家

市内ではようやく梅の花が咲きはじめ少しづつ春を実感できるようになりました。この時期は恒例の樹々の手入れと薪作りで、チェンソーの音が響き渡る我が家です。樹を切り倒す際は腕の良い?? 助手として私も時々借りだされますが、古希をあっという間に過ぎた主の体力気力は果たしていかばかりか・・・

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »