春の足音

やはり春は心身ともに軽くなります。渓流釣りの竿も見え隠れして川岸は段々賑やかになりますが私はすぐワンちゃんの姿を追ってしまいます。 アオゲラ・エゾアカガエルの卵・クロッカス・福寿草・小鳥の群れはアトリ・ジャコウソウとサラシナショウマの天然ドライフラワー

Natural Art

私の主観によるナチュラルアートですが、ひとつでも共鳴していただければ幸いです。タンポポの花や窓枠に作られていた蜘蛛の壺に注目させられたものです。

花鳥風月2

山河は癒し効果の宝庫と思います。撮りためた映像で編集してみましたが、自然の趣が少しでも御裾分けになればうれしいです。。胸が水仙色のキビタキは地鳴きで本当の囀りはピッコロのような綺麗な鳴き声。そのシーンでないのが心残りです。ちなみにウグイスの地鳴きはチャッチャッです。

花鳥風月1

野鳥のウソは桜の蕾が大好物。食べられ過ぎると花数がグッと減ってしまいます。季節は行きつ戻りつして、やがて山は笑います。ドヴォルザークの「月に寄せる歌」で撮りためた映像を編集してみました。

滝の四季

近くのお気に入りの滝です。撮りためた四季を綴ってみました。今年のN○Kの大河ドラマでも最初の頃の舞台になりました。 一関市・小黒の滝 Four seasons of waterfall

命の循環

カーブに差し掛かると数羽のトンビが路面に群がっていた。ハッとした時はすでに飛んでしまい車が通るたびに落ち着かない鳥たち。安全な位置に停車し運転席から撮りましたが警戒心が強くなかなか降りてきませんでした。天に召された狐の命は鳶に受け継がれたようです。

岩手の大地

すべての輝かしい生涯に大好きな曲「蒼氓」を捧げます。手ブレによる御見苦しい点は御容赦くださいね。リメイク版ですがお楽しみいただければ嬉しいです。山下達郎さんの蒼氓(そうぼう)

散歩と冬の野鳥

野鳥を撮りたくて手にしたこのカメラですが、なかなか思い通りにはゆきません。シジュウカラが多くなってしまいました。我が家が始終カラッポなのはどうりで・・・野鳥はどれも雄と思いますが名前に誤りがあったら御指摘の程おねがいします。手ブレをお許しいただきながら雪上散歩をお楽しみいただければ幸いです。

ジェラシー♪

日本海側の大雪は異常事態ですが、今のところ、ここの積雪は少なくて大助かりです。それでも山を下ってみると、もっと少ないのでびっくり。雪が舞ったり青空が広がったりで待春の日々です。

木と遊ぶ

樹齢500年以上と思われるカヤの木が手に入った。皮を剥いて少なくても一年以上は乾かす。どんなフクロウが飛び出すのか楽しみでもあるし、薪になってしまうかもしれない。木と遊ぶ趣味も力仕事が多く果たして、いつまで続けられるものか・・・自分のカメラ遊び同様そんなことが頭をよぎります。

«宵の明星