変わり躑躅

気温の急上昇で桜の開花がここでも例年より十日ほど早くなりました。市街地ではもう桜は終盤で山吹や新緑に代わっていました。我が家も一斉にいろいろ咲きだして焦るばかりです。

カモシカの春の食事

バンビでお馴染みのニホンジカの母鹿は警戒心が強かったけれど、カモシカは平然としています。鹿とカモシカではスタイルも、だいぶ異なります。花はアカヤシオツツジです。

Spring has come2018

先ず冬桜が咲きだしアカヤシオツツジが色づくと今年の春が始まったと思える我が家です。群馬の鬼石で見みた冬桜と栃木の山々で見られるアカヤシオツツジの魅力に憑りつかれて植樹した20本ほどの冬桜と、アカヤシオ6本余り。花の山を目指して苦節20年。遠き道はどこまでも続きます。

日本の春・桜2

私にとって春をもっとも意識できる風景ですが、後二週間はかかりそうですから全て過去の映像で編集しました。特に鯉のぼりが泳ぐ橋の土手の桜並木は堤防強化のために全て伐採されて今は在りません。工事が済んだ地域には、すでに新たな桜の植樹が10m間隔で始まりましたが成長の早い桜とはいえ、この景が戻るのはいつになることか・・・。

日本の春・桜1

映像は昨年4月20日前後のもので、我が家の花木と奥州市水沢競馬場を中心に編集しました。冬桜や大島桜など植樹して20年近く。冬桜の咲き始めは白梅のような感じで今まさにそんな状態です。馬は大好きですが昨年の特別開放日に初めて競馬場に入りました。

早春の我が家

市内ではようやく梅の花が咲きはじめ少しづつ春を実感できるようになりました。この時期は恒例の樹々の手入れと薪作りで、チェンソーの音が響き渡る我が家です。樹を切り倒す際は腕の良い?? 助手として私も時々借りだされますが、古希をあっという間に過ぎた主の体力気力は果たしていかばかりか・・・

鹿の親子

山の畑ですから仕方がないですが野菜も植木の芽も山中の恵みが少ない時季は特によく食べられてしまいます。手ブレ酷いですが御容赦ください。 BGM ジュピター木星「惑星」より

早春・土竜のメッセージ

多かった積雪もようやく融けて雪解水も一日ごとに細くなってきました。フキノトウを一つ二つ・・・蕗味噌の苦みで覚醒しモグラのメッセージを解読できるかも。山でまず咲く花はマンサクです。各地の桜便りを楽しみながら桜前線の到着を心待ちにしています。

春の嵐の爪痕

強い風雨が長く続いた春の嵐。我が家も大雨と雪解けで川の無いところに幾筋も流れが出来ていました。動きの早いネズミでしたが姿をお判りいただけたでしょうか。異常気象でみんな自然の猛威にさらされてしまいます。
BGM :TheJRSoundDesign_Emotional_Inspirational_Piano

春を待つ

冬のモズの尾の動きが面白い。百舌と表記されるように色々な鳥の声を真似るらしい。今年の積雪量はやはり多く前庭は雪掻きの白い山が連なって雪の置き場に悩ましい。北陸の大雪災害とは比較になりませんが屋根から落ちた雪は特に重くなるので老体にこたえます。雄のウソの胸辺りの配色に見とれてしまいますが、桜や梅の蕾を好んで食べてしまい開花を大きく左右するのです。神業のようなオリンピック競技の感動の中で春を待つことにします。最後まで御覧いただきありがとうございました。

«大寒波と共に去りぬ